ニホンアマガエルについて

Saturday, August 26, 2006

ニホンアマガエルの生息場所

成体は春になると、水田や止水域に集まる。
オスの鳴嚢はメスと区別しやすい。鳴き声を手がかりにメスが現れると、オスはメスの背中に抱きいて抱接する。

状態で水面を泳ぎ、逆立ちしながら産卵・放精をおこなう。受
精卵はヒキガエル類の卵ほどのかたまりには水面を漂い、茎などにからみつく。
受精卵は急速に水温などにもよるが2~3日ほどでふ化する。

ふ化した幼生は褐色で、外鰓(がいさい)をもっているが、やがて鰓は体内におさまり、「オタマジャクシ」の形になる。
ニホンアマガエルのオタマジャクシは全身が褐色で、うすいまだら模様があるので、全身が黒いヒキガエル類などと区別できる。

オタマジャクシの小さな口にはヤスリのような歯が死骸や藻類などを、削りとるように食べる。
ゆっくりとオタマジャクシからカエルの姿へ変態する。
つけ根に後足が形成され、同時に体内で前足も形成されてゆく。

後足が大きくなると、えら穴から前足が出て、尾がゆく。
褐色だった体色がうすくなり、背中が黄緑色へ変わる。

1 Comments:

Post a Comment

<< Home